酒粕をリユースしたサスティナブルな食品ブランド「KIKKA(キッカ)」リリース

投稿 更新
Category:
Food

contents section

通常廃棄される酒粕を利用した飲料・食品を展開する「KIKKA(キッカ)」がリリース。2月中旬よりオンラインショップにて一般発売が開始されます。

KIKKAとは

KIKKAは、日本酒の製造工程で副産物として生まれる酒粕を有効利用するために生まれました。年間約3万トンもの酒粕が出されると言われていますが、従来利用されていた伝統的な食品の需要減少に伴い、近年廃棄されるケースが増えています。

酒粕は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど豊かな栄養素の他、アミノ酸といったうまみ成分を豊富に有する“奇跡の素材”と言えるほど注目すべき食材です。

そんな“酒粕”に新たな価値を見出し、美しく健やかなライフスタイルを創造していくことを目指すブランドです。

KIKKAのこだわり

酒粕が苦手な方も楽しめる工夫

生酒粕は酒造直送でフレッシュな味わいが楽しめます。また、酒粕パウダーは低温でじっくりとパウダー化することで栄養素や風味はそのまま、他の食材と調和しやすいよう加工されています。

日本独自の発酵文化 上質な素材を使用

KIKKAの商品に使用する酒粕は、千葉県九十九里の酒蔵「寒菊銘醸」で職人が丁寧に製造、取れたてを直送し加工しています。

酒粕を現代のライフスタイルに合わせて新たな楽しみ方を提案

酒粕になじみのない世代にも親しめるよう、スムージーやグラノーラに配合。苦手意識のあるかたや、使い方がわからない方にも手軽に楽しめるような工夫が施されています。

KIKKA商品

素材を味わう「酒粕甘酒」

砂糖不使用で酒粕と米麴の自然な甘さと風味を感じられる仕上がり。アルコール分をほとんど含まず、華やかですっきりとした後味が特徴です。
商品名 : 酒粕甘酒
内容量 : 500ml
価格 : ¥1,393(税込)
備考 : コップ1杯(150ml)に酒粕25g相当使用。/アルコール量 : 0.01%(推定値)

生きた酵素が嬉しい「酒粕甘酒スムージー」

生酒粕と米麹にフルーツを加えたスムージー。プレーン、ベリー、シトラスの3種類が楽しめます。火入れをしない“生酒粕”は、酵素が生きているためフレッシュな味わいとのこと。
商品名 : 酒粕甘酒スムージー(プレーン/ベリー/シトラス)
内容量 : 200g
価格 : 486~¥540(税込)
備考 : 200gに生酒粕25g使用。/アルコール量 : 0.75%(推定値)

香りと食感を楽しむ「酒粕グラノーラ」

酒粕粉末と厚めの有機オーツ麦、無添加ドライフルーツで構成されたオリジナルのグラノーラ。酒粕の風味が香ばしいオーツ麦とよく合います。同じく発酵食品のヨーグルトと合わせても楽しめそうです。
商品名 : 酒粕グラノーラ
内容量 : 200g
価格 : ¥1,296(税込)
備考 : 1食(50g)に酒粕25g相当使用。/アルコール量 : 0.04%(推定値)

公式ホームページ

URL : https://kikka-japan.com

会社概要
URL : http://doki-2.com/
名称 : 株式会社doki doki
設立 : 2020年4月
代表者 : 兼重 遥
所在地 : 〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-1-1
事業内容 :
1.企業やブランドのコンセプト、ロゴ、パッケージ、webサイトなどの企画・製作。ブランディングデザイン業務。
2.食品の企画・製造・小売業。

Category:
Food
Share it!
シェアする

related post

関連記事

  • 酒粕をリユースしたサスティナブルな食品ブ

    通常廃棄される酒粕を利用した飲料・食品を展開する「KIKKA(キッカ)」がリリース。2月中旬よりオンラインショップにて一般発売が開始されます。 KIKKAとは KIKKAは、日本酒の製造工程で副産物として生まれる酒粕を有効利用するために生まれました。年間約3万トンもの酒粕が出されると言われていますが、従来利用されていた伝統的な食品の需要減少に伴い、近年廃棄されるケースが増えています。

  • 世界に誇る日本文化「和食」世界無形文化遺

    世界的に高い人気を誇る和食。寿司をはじめ、多くの国で親しまれています。見た目の美しさ、繊細な味、健康の観点から見たバランスの良さ等、優れた特徴を持ちます。 ここでは、日本の伝統文化である和食がなぜ世界無形文化遺産に選ばれたのか、その理由をまとめます。 12月4日は和食が世界無形文化遺産に登録された日 12月4日は、2013年、ユネスコが「和食;日本人の伝統的な食文化」を