【水辺のタイムトラベル】あなたを江戸時代へと誘う、ARを用いた屋形船ツアー開始!

Category:
Culture

contents section

【水辺のタイムトラベル】あなたを江戸時代へと誘う、ARを用いた屋形船ツアー開始!
この記事は約6分で読めます。

新型コロナウイルスの感染拡大で、大きなダメージを受けた屋形船業界。屋形船東京都協同組合では、苦境を新たな顧客層開拓へのチャンスと捉え、今までにない【AR×屋形船】を融合させた新たなエンタメの創出に挑戦します。応募フォームにご回答していただいた方の中から、先着100名様に無料乗船チケットをプレゼントします。

江戸時代の生活を再現!ARによる体験アクティビティ

平安時代から200年もの歴史を繋いできた屋形船。貴族の娯楽として生まれた屋形船ですが、江戸時代には武士の間で親しまれ、次第に粋で風流な遊びとして一般庶民にも広まり、現代に通づる屋形船へと継承されてきました。

本事業では、伝統文化である屋形船とAR技術を活用することで、下町情緒が溢れる浅草や広大な東京湾といった地域の特性を生かし、かつての江戸時代の賑わいを再現します。QRコードを読み取りアプリを起動すると、スマートフォンやタブレットに江戸時代の登場人物が出現。まさにタイムスリップ気分を味わいながら、船上でさらなる非日常感を体験できます。

無料乗船詳細

<一般向け>
・日時: 2022年1月15日(土)16日(日)  13:00 – 17:30のうち60分の乗船
・場所: 浅草・台場
・コース: 60分のスカイツリーまたは台場周遊
・その他: ご自身のスマートフォンで江戸時代の様子を体現できる体験あり。飲食は含まれません。

<メディア向け>
・日時: 2021年12月20日(月)  13:00 – 17:30のうち60分・80分の乗船
※場所、コース、その他の詳細は一般向けと同様になります。

無料乗船会・応募フォーム

【Application Form】Time Travel Cruising on Japanese traditional boat 
→ https://forms.gle/oErMcraS76K3jhJj8
※本事業では外国籍の方も招待する為、英語・日本語で記載しています。

< 始動の背景と目的 >
屋形船東京都協同組合では、歴史ある屋形船と現代技術のそれぞれの強みを活かした、新たなサービスを開始することと致しました。コロナウイルスにより、窮地に立たされた屋形船業界。需要の減少や、事業者の高齢化といった慢性的な問題を抱えている中、コロナウイルスが直撃しました。しかし、お客様に特別な体験と日本の文化を届けたい思いは変わりません。コロナ禍で旅行や催し物が制限されている今、日常に物足りなさを感じている方が増えています。そうした中、「かけがえのない体験」や「非日常的な空間」をより多くの人に提供することを目指します。

※本企画は東京都主催「新しい日常対応型業界活性化プロジェクト」に伴った内容になっています。https://www.tokyochuokai.or.jp/sienseido/jyoseijigyou/groupsenryaku.html

 < 今後の展望 >
まずは多くの方に試乗会でAR×屋形船を楽しんでもらいたいです。そしてコロナが落ち着いた頃は、地元の人達を始め、国内外の旅行者など様々な人達が集い、いつもと違う出会いや屋形船からみる新しい景色を届けていければと思います。

【団体概要】

団体名:屋形船東京都協同組合
所在地:​​​​東京都台東区柳橋1-5-11篠塚ビル3F
代表者:高橋呂美
HP:https://www.yakatabune-kumiai.jp/

【お問い合わせ先】

運営:NOFATE株式会社
担当者名:南條 佑佳
TEL:03-6416-4265 (平日9:00‐18:00)
e-mail:yakatabune@no-fate.co.jp

Category:
Culture
Share it!
シェアする

伝統技術・文化にまつわる情報をお待ちしております。

related post

関連記事

  • 【水辺のタイムトラベル】あなたを江戸時代へと誘う、ARを用いた屋形船ツアー開始!

    【水辺のタイムトラベル】あなたを江戸時代

    新型コロナウイルスの感染拡大で、大きなダメージを受けた屋形船業界。屋形船東京都協同組合では、苦境を新たな顧客層開拓へのチャンスと捉え、今までにない【AR×屋形船】を融合させた新たなエンタメの創出に挑戦します。応募フォームにご回答していただいた方の中から、先着100名様に無料乗船チケットをプレゼントします。 江戸時代の生活を再現!ARによる体験アクティビティ 平安時代から20

  • 【絶対間違えない】着物の右前ってどっちが

    着物初心者の方にありがちなのが「どちらの衿が上?」という疑問です。自分で着付けるときに必ずクリアしなければならないところなので、絶対に間違えないポイントをご紹介いたします。 右前・左前ってなに? 着物の着付けの際に登場する言葉の「右前」「左前」とは、衿合わせのことです。通常の着付けでどちらが用いられるかというと、「右前」が正解です。これが「左前」になってしまうと、古くから縁起が悪いと